FC2ブログ

さざなみ橋ブログ

山形さくらんぼ狩り旅行~1

2019.06.28 (Fri)
山形へ行ってきました。
メインの目的はさくらんぼ狩り。

現地での時間が作れるので飛行機と宿とレンタカーのパックを
利用しました。

山形空港についてレンタカーを借り、まず向かったのは東根市と仙台市
を結ぶ国道48号線沿いにある「関山の大滝」。
国道48号は山形側を関山街道、宮城側を作並街道といいます。

その前に、大滝前の「大滝ドライブイン泉や」さんで簡単な朝食を。
山形名物のおでんです。玉こんも食べました。

関山のおでん



あと、お団子を1本買って食べながら滝の見物に。

関山の大滝



まさに目が覚めるような綺麗な滝です。
滝つぼ付近で大きな魚がジャンプしましたが名前はわかりません。



「関山の大滝」見物後、予定には無かったのですが途中で看板を見たので
「東根の大ケヤキ」へ。

東根の大ケヤキ




「東根の大ケヤキ」のある場所は東根城の本丸跡で現在は東根小学校の
敷地内です。樹齢1500年以上、高さ28m、幹の太さ(地上1.2m)は16m。
日本ケヤキ番付表では東の横綱で日本一の大ケヤキとされています。
他に訪れている人もなく、晴れた青空に堂々と静かに聳え立っていました。

121東根の大ケヤキ85




大ケヤキの横の道路にはアストロメリアが綺麗に咲いていました。

大ケヤキとアストロメリア




「東根の大ケヤキ」を後にして次は「東沢バラ公園」へ。

東沢バラ公園
(画像はHPより拝借)




「東沢バラ公園」は東根市のちょっと北へ行った村山市にあります。
バラまつり(6/1~7/7)の終盤のためか、ちょっと疲れた感じのバラも
ありましたが十分癒されました。皇室のバラから2点です。

プリンセスアイコ

マサコ



花より 団子 ソフトでバラソフト。ほのかにバラの甘い味がしました。
ちょっと食べかけ(^^;  実際はもう少しピンク色でした。

バラソフ



園内の樹木は溢れるばかりの緑と水も!
たっぷり深呼吸もしてきました。

バラ公園の樹木

東沢バラ公園






バラ公園を後にして昼食は予約をしておいた「梅ケ枝清水」さんへ。
「梅ケ枝清水」は「めがすず」と読みます。農家をそのまま食堂にした
ローカル色満点の食堂です。

梅ケ枝清水



こちらが入り口

梅ケ枝清水



ちょうどJAFMate6月号に載っていたことを名物店主の横尾千代乃さんに
話したら、JAFMateを見て来てくれた人の第1号だね!といって料金を
ちょっと割引してくれました。(^^)/
JAFサービスの提携割引は7月からだそうで、「今はとにかくさくらんぼが
忙しくて人手を取られ、打ち合わせなんかやってらんねぇ!」からだそう
です。手が回らないのでしばらくは団体客も断っているとのことでした。
東根名物の麩を使った料理も加わった郷土色満載の美味しいお昼ご飯でした。

梅ケ枝清水



次に向かったのは「梅ケ枝清水」さんでごちそうになった麩の製造所
「奥山製麩所」さんです。

奥山製麩所




東根市は六田麩と呼ばれる麩の産地で有名です。
羽州街道の宿場町として栄えた東根の六田地区では豊富な湧水と小麦で
麩作りが盛んに行われ現在でも4軒の製麩所があり名産品を支えています。
小さい頃は麩の料理というとお味噌汁の具か、はたまた鯉の餌くらいしか
知らなかったけれど、いろいろなバラエティーがありビックりしました。

奥山製麩所
(画像はHPから拝借)




麩のお土産を買った後はいよいよ南の天童市に向かい、やって来たのは
「舞鶴山公園(天童公園)」

天童公園




天童公園は山城の跡地です。最初は南北朝時代に北畠天童丸が本拠
としたといわれており、その後1375年に里美頼直が移り住んで天童を
名乗り10代続きましたが1584年に最上義光に攻められ落城し以後廃城
となりました。
落城後、天童氏は伊達氏を頼って家臣となり、ご子孫は現在も宮城県
にお住まいだそうです。

山頂の写真手前の広場では桜祭りに合わせて人間将棋が開催されます。

天童公園




山頂にはここにも大ケヤキが!歴史を感じさせますね。

天童公園の大ケヤキ



山頂からの風景。左奥に山形空港、写真のもっと左には月山が見える
はずでしたが、ちょっと雲の中だったかな?

天童公園




麓の愛宕沼では花菖蒲が見頃に。この沼は昔は農業用水のため池でした。

天童公園の花菖蒲





天童公園から降りて来て「天童市将棋資料館」へ。「天童市将棋資料館」は天童駅の
ターミナルビル内です。内部は撮影禁止。
将棋の歴史や名勝負、いろいろな駒も飾ってあり、将棋のファンには
たまらない場所でしょうね!隣には将棋道場がありました。

将棋資料館




将棋資料館前のポストの上に将棋の駒。

将棋資料館



同じく前の広場に、これは詰将棋みたい!
多分、簡単な問題ではないんでしょう。

将棋資料館

駒の部分のタイルの色と大きさが変わっているから、時々内容を
変えているんだね!




そして隣の物産館でちょっとお土産を買って1日目の観光を終わり、宿は
天童温泉の「ほほえみの空湯舟(くうゆふ)つるや」さんへ。

ほほえみの空湯舟 つるや



特徴ある中庭には宿のシンボルの鶴のモニュメント。

ほほえみの空湯舟 つるや



部屋へ着いたらさっそく部屋のお菓子でビールを一杯頂きましたよ。

ほほえみの空湯舟 つるや




一休み後、温泉に浸かり、

ほほえみの空湯舟 つるや

ほほえみの空湯舟 つるや




夕食の前菜、豪華!!

ほほえみの空湯舟 つるや



お酒は生ビールの後、出羽桜酒造の「桜花吟醸」
すっきりした飲み口でスーッと胃袋に収まりました。

ほほえみの空湯舟 つるや



夕飯のお米はご当地山形産の「はえぬき」。旨い♪
ご飯をお替りして完食。

ほほえみの空湯舟 つるや



デザートには季節真っただ中の旬のさくらんぼ。

ほほえみの空湯舟 つるや



満足♪満足♪でぐっすり寝ましたよ。





翌朝食のご飯はやはりご当地山形産の「つや姫」。これもまた旨い!
バイキング形式だったので和食で攻めて郷土料理を堪能しました。
もちろん、ご飯はお替りしました。

ほほえみの空湯舟 つるや



デザートのドリンクは「やまべジャージー牛乳」と「津軽完熟りんごジュース」
を自分でブレンドした「アップルミルク」美味しかった♪

ほほえみの空湯舟 つるや




そして、つるやさんとお別れをし、2日目の旅に出発しました。

ほほえみの空湯舟 つるや


続く(予定)
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック